ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.01.13 Saturday

ACA 3月の行事

JAN FEB MAR APR MAY JUN JUL AUG SEP OCT NOV DEC

 

分類 行 事 名 計画者 ポスター 実績
4 探訪あいち 西三河の古刹で楽しむ竹膳料理と梅の名所 関口 掲載済
11 探訪あいち 知多四国開創210年記念お遍路-其の1 松村 掲載済
17 探訪あいち 英虞湾グルッとサイクリング 伊藤寛 掲載済
18 探訪あいち 一度は走ってみよう いなべステージコース 久野 掲載済
21 探訪あいち 知多四国開創210年記念お遍路-其の1 予備 松村 掲載済
24-25 探訪あいち ランドナーでお洒落に走りましょう 松村 掲載済
31 探訪あいち 家康ゆかりの地を訪ねて 松下 企画待

 

Blog へのコメントは受け付けていません。下の画面は機能していません。

 

2018.01.13 Saturday

ACA 2月の行事

JAN FEB MAR APR MAY JUN JUL AUG SEP OCT NOV DEC

 

分 類 行 事 名 計画者 ポスター 実績
3 探訪あいち あいち航空ミュージアム見学サイクリング 松下 掲載済 催行済
3 探訪あいち 節分ライド・名古屋旧道巡り 中川 掲載済 催行済
4
11 探訪あいち 尾張富士、迫間プチヒルクライム 三木 掲載済 催行済
12 振替休日
18 ベストハウス 午前 自転車の安全講習会  松村 掲載済 催行済
18 ベストハウス 午後 フィジカルトレーニング講習会 富川 掲載済 催行済
24 探訪あいち 岐阜の梅の香りをめぐる 後藤 掲載済
24 探訪あいち 三河の分水嶺を訪ねて 松下 企画書待
25 ベストハウス 総会

 

Blog へのコメントは受け付けていません。下の画面は機能していません。

2018.01.13 Saturday

ACA 1月の行事

JAN FEB MAR APR MAY JUN JUL AUG SEP OCT NOV DEC

 

分類 行事名 計画者 ポスター 実績
2 探訪あいち 新春走行会・ぐるっと木曽川海までサイクリング 間宮 催行
3 バラエティ 2018初詣は熱田神宮から! 郷土三英傑 五社巡り
7 探訪あいち 大垣・垂井めぐり 濱田 催行
8 探訪あいち Albert の個展と TEXAS KING BURGER 松村 雨中止
14 探訪あいち 寒風の百々が峰ヒルクライムと永正八方釈迦如来・特別参拝 間宮 凍結中止
21 探訪あいち ミニベロで行く三河湾スカイライン 松村 催行
28 ベストハウス フィッティング講習会 松村

 

Blog へのコメントは受け付けていません。下の画面は機能していません。

2018.01.11 Thursday

・04/30 淡路島一周「アワイチ」

 

1.集合

1-1. 輪行の場合

1)第一集合場所までの参考

名古屋 6:35

ひかり491

新神戸 7:47

新神戸 7:52発 同じホームで発着なので移動の必要なし

こだま733

西明石 8:01

2) 第一集合場所 西明石駅西口 8:01

自転車を開梱

  所要時間30

3)西明石  8:30

西明石→明石港ジェノバライン発着場所まで自転車で所要時間15

明石港ジェノバライン発着場所 8:45

4)明石港発 9:00

ジェノバライン所要時間13

岩屋港着 9:13

5)第二集合場所 岩屋港集合 9:20 

  自動車組と合流

6)ミーティング 9:209:30

7)アワイチ出発 9:30

 

3岩屋港ジェノバライン発着所

1-2.自動車の場合

集合場所は、第二集合場所(岩屋港)ですが、駐車場は、下記を参考にしてください。

自動車の場合、明石海峡大橋の下り(神戸、明石方面から淡路、徳島方面)から淡路ハイウェイオアシスに入って駐車し、その後、そのまま上り(淡路、徳島方面から神戸、明石方面)Uターンすることが出来ます。そして、歩行者、自転車は、淡路ハイウェイオアシスから一般道に出ることが出来ます。(駐車場代を節約できる)

 

1)明石海峡大橋を渡ったあと淡路SAに入る。

2)淡路SAとつながっている淡路ハイウェイオアシスに車を止めます。8:30

図4 淡路ハイウェイオアシス その1

図4 画面上が神戸/明石で、下が鳴門/徳島方面

青いルートを通って、画面左下の「淡路ハイウェイオアシス」に入る

 

3)自転車、開梱 8:40開始

所要時間30

 

4)自転車で一般道へ出て、岩屋港へ向けて 9:10

所要時間10

 

図5淡路ハイウェイオアシス その2

ピンク色のルートを通って画面左下から画面右上の岩屋港へ移動

5)第二集合場所 岩屋港 9:20

  輪行組と合流

図3参照

6)ミーティング 9:209:30

7)アワイチ出発 9:30

 

2. アワイチ

一周 150km

ブルベの足切りペースの15km/hで走っても、10時間程度の所要時間。9:30に出発すれば、19:30(午後7時半には遅くとも帰って来れる計算です。

日没後の帰着が予想されますので、夜間装備の準備をお願いします。明るいヘッドライト、バックライト等

(ブルベ並みに反射ベストなどがあれば、さらに望ましいですが、、、)

休憩は、約2時間毎に、コンビニ休憩を考えています。

昼食は、道の駅「福良」で。13:30頃の予定。

 

ルートラボのルート

http://yahoo.jp/G8AVsB

距離 163.8km

獲得標高 1495m

最大標高差 196m

平均斜度

  全体 0%

上り 3.9%

 

 

3.解散

3-1自動車組

自動車組は、第二集合場所(岩屋港)にて解散。各自で、駐車場(淡路ハイウェイオアシス等)に戻って帰途についてください。

 

3-2輪行組

輪行組は、第一集合場所(西明石駅)にて解散。幹事は、ここまでご案内します。

  1. ジェノバラインにて、岩屋港から明石港へ移動。

名古屋へ戻る為の最終便は、20:00(20:40発でもぎりぎり間に合うかも)

  1. 明石港から西明石駅まで移動。By 自転車
  2. 輪行袋にパッキング
  3. 西明石から新幹線にて、名古屋方面へ。

なお、最終電車は、下記参考。

西明石 21:46

JR新幹線こだま754号・新大阪行

新神戸 21:56

新神戸 22:16発 同じホームで発着なので移動の必要なし

JR新幹線のぞみ98号・名古屋行

名古屋 23:20

 

図7 ジェノバライン 明石−岩屋 時刻表

図8 新幹線

参考までに、新幹線を予約する場合は、11号車12列〜13列が余裕スペースが多く望ましいと思います。

あと、「のぞみ」より「ひかり」、「ひかり」より「こだま」の方が空いています。

 

 

 

2017.09.07 Thursday

高齢者見守りPPT

 

 

 

 

 

 

 

2017.08.21 Monday

picture

IMG_1354.JPG
2017.07.17 Monday

・07/16 探訪:ミニベロで輪行知多半島

・07/16 探訪:ミニベロで輪行知多半島 の写真をアップしました。

サムネイルをクリックするとVGA画像が見られます。

どうぞコピーしてお使いください。

3264 X 2488 ピクセルの画像が欲しい方は ja2eul@ma.medias.ne.jp までメールを下さい。

1か月程度で消します。

 

2017.06.15 Thursday

知多・蒲郡サイクリング

 このブログは台湾サイクリストの日本ツアーのための提案書である。なお、この提案書は小生の知的財産であるので取り扱いには注意をして欲しい。

 

1. 自転車のレンタル

 参加者の身長、自転車の種類(クロスバイク、またはロードバイク)を聞き取り手配する。

 30台の自転車の手配はどうするか・・問題。

 日本ではヘルメットの着用は義務ではないが、ヘルメットは持参して着用していただく。

 ビンディングペダルを利用する方はペダルを持参していただく。

 服装はチェーンなどに巻き込まれないようなものとする。

 リュックサックなど重たいものを着用すると重心が高くなるので、できる限り荷物は背負わない。

 

2. 道交法とサイクリングのサポート

 サイクリングの前日に道交法の講習会を実施する。30分〜1時間程度。

 サポートは参加者が道交法を遵守することを信じて、走行を案内する。

 走行サポートは5人に1人つけてグループ走行をする。

 走行車全体のサポートとして、自転車技術者を乗せた車を伴走させ、自転車の故障その他に対応する。

 サポートは有料。

 

3. サイクリング 1日目

 地図をクリックするとルートラボ画面に移ります。元の画面に戻るにはブラウザの戻る機能をお使いください。

 

 

 

 

3.1 コース概要

 セントレア空港前島、ペダルハウス前を出発して、半田市まで71km を走ります。

 知多半島のほぼ中央部を縦走する広域農道を、常滑市から南知多町羽豆岬まで南下する。

 このコースは緩やかな起伏が続く丘の上の道であり、道の両側に茂る樹木の間から、行く手の右には伊勢湾、左手には三河湾(知多湾)を望むことができます。

 半島先端からは目的地の半田市に向かって、右手に三河湾(知多湾)を見ながら北上します。

 

3.2 走行スケジュール 

 

距 離 説    明 備  考
0 km  出発 09:00
4.3 km  高速道路横の道を経由して、広域農道・味覚の道に入ります
7.9 km

 本宮山 セントレア空港が良く見える高台

 

10.2 km  広域農道 味覚の道 を走り、檜原交差点コンビニで休憩 09:30〜09:40
15.3 km  知多半島道路 ここを過ぎると激坂を下り、そして登ります。
18.7 km  えびせんべいの里 美浜本店 休憩 無料コーヒー 10:00〜10:10
29.7 km  つくだ煮街道 10:40
31.8 km  観光農園 花ひろば 休憩・入園
35.8 km  豊浜魚ひろば 見学 時間調整 11:00
36.9 km  まるは食堂旅館(南知多 豊浜本店) 昼食 12:00〜13:00
40.2 km  幡豆岬
57.0 km  大砲巻飴文総本舗時志店 休憩 14:00〜14:10
69.4 km  ミツカンミュージアム 見学 15:00〜16:00
69.9 km  酒の文化館 見学 16:00〜17:00
70.9 km  名鉄ステーションホテル 17:10

 

4. サイクリング2日目

 1日目のサイクリングで技量、疲労の度合いを見極めてコースを決める。

 20km/hr の速度で走ることができると判断できた場合は、三ヶ根山に登るコースとする。

 技量が低いとか、疲労が溜まっている場合は海岸コースとする。

 

4.1 三ヶ根山コースの概要

 衣浦トンネルを通り、吉良町宮迫から三ヶ根山に登り、頂上のグリーンホテルで昼食を摂る。レストランからの眺望が素晴らしい。昼食後CHARI-CAFE POTTERで休息を取り、オレンジロード、御油の松並木経由で豊橋ステーションホテルまで71 km サイクリングする。かなりハードな登り坂が続きます。

 地図をクリックするとルートラボ画面に移ります。元の画面に戻るにはブラウザの戻る機能をお使いください。

 

 

4.2 走行スケジュール

 

距 離 説    明 備  考
0 km  出発 09:00
 4.0km  衣浦海底トンネル入口
12.1 km  菱池町外河原信号交差点右折 県道41号線
21.2 km  宮迫 コンビニ休憩 10:00〜10:10
28.5 km

 グリーンホテル三ヶ根 昼食 写真はグリーンホテルからの眺望

 

12:00〜13:00
44.6 km  CHARI-CAFE POTTER 休息 長いトンネルを2本くぐり抜けて旧東海道に出る 13:30〜14:00
54.1 km  御油の松並木 入口 豊橋まで旧東海道を走る。 14:30
70.2 km  ホテルアソシア豊橋 15:30

 

4.3 海岸線コースの概要

 衣浦トンネルを通り、海岸線を走り一色の魚市場を見学後、CHARI-CAFE POTTERで昼食を取り、オレンジロード、御油の松並木経由で豊橋ステーションホテルまで68 km サイクリングする。

 地図をクリックするとルートラボ画面に移ります。元の画面に戻るにはブラウザの戻る機能をお使いください。

 

 

4.4 走行スケジュール

 

距 離 説    明 備  考
0 km  出発 09:00
4.0km  衣浦海底トンネル入口
16.3 km  一色さかな広場 10:00〜10:30
42.4 km  CHARI-CAFE POTTER 昼食 長いトンネルを2本くぐり抜けて旧東海道に出る 12:30〜13:30
52.1 km  御油の松並木 入口 豊橋まで旧東海道を走る。 14:30
68.0 km  ホテルアソシア豊橋 15:30

 

以上

2017.06.07 Wednesday

イタリア・城壁の街サイクリング

 かなり前になりますが、自転車雑誌 CYCLING CLUB に私のサイクリング紀行が掲載されましたので、ここにそのコピーを掲載します。サムネイルをクリックしていただくと JPG ファィルが開きます。

 

     

 ページ1から6まで順に並べています。

2017.06.05 Monday

探訪:北アルプスの絶景を眺めに行きましょうの写真

探訪:北アルプスの絶景を眺めに行きましょう の写真を幹事さんからいただきましたので公開します。

 

本当にトンネルを抜けると、そこには北アルプスの絶景です。

写真をクリックすると原画が見られます。

余程天気に恵まれないと見られないですが、来年は皆で観に行きましょう。

 

 

   

Powered by
30days Album