ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Sunday 4th December 2011: Cromwell to Queenstown 70km | main | Friday 2nd December 2011: Lake Tekapo to Omarama 90km >>
2011.12.10 Saturday

Saturday 3rd December 2011: Omarama to Cromwell 110km



昨夜の宿は Omarama Station が経営する B&B です。
Station の意味が分からなくて女将に尋ねたならば、牧場とか農場という意味と教えられました。
辞書で確認すると豪語でした。
Station はものすごく広く、ここては Omarama の町が Station にくっついていると言う感じです。農場の広さや羊、牛の数など聞きましたがその規模に驚き失念しました。
狭い国なのに人口密度が低いということはこのような形になって表れるのですね。



記念撮影をして、これから Lindis Pass [990m] を越えますよ。

 Cycle to Cromwell (110km) Once again a gradual climb to start at you head south before the big climb over Lindis Pass [990m]—32km into the day. From Lindis Pass it’s a sharp descent and then a flat ride to the Cluden Hill for a sharp, but brief 200m climb. From the Cluden Hill it’s a principally flat ride to Cromwell.
案内書と実際が最も異なる日でした。どうも NZ にはルートラボのようなプログラムが無いと思います。次に Paul に会った時に確かめてみます。
Lindis 峠の次のピークが存在しなかったので比較的楽な一日でした。






    

今日は昼のレストランまで距離がかなりあるのでスーパーへ行動食を仕入れに行くと Ford Model-T をT内さんが発見。ミシガンでいっぱい見たやつです。
2番目の写真、Lindis Pass までは標識では32キロです。
3番目の写真、道は山間の向こうに延びています。そこに Lindis Pass [990m] があります。
元気なうちに無事峠に到着しました。そしてひたすらに下り道を飛ばしてやっとレストランです。

町の入り口で Barwood という看板のかかった建物を浜ちゃんが見つけて、そこで飯を食おうと言う。彼は腹が減っているので "Bar" という文字だけでそれはパブと認識する単細胞です。その建物にレストランは何所にあるか訊ねに入り、ついでに商売は何かと確認するとそこは材木屋でした。

最後の写真が今日の昼食処です。
この店の女将の英語が素晴らしく私には聞き返し (pardon) も無かった・・・そしたら女将から良く英語が聞き取れるねと褒めていただいた。年食っても褒めていただくと嬉しい。

Cromwell に入ると町は意外と大きい。人口は4500人です。
泊まるところを探していたら美人ライダーに遭遇、勿論すぐに停めて道案内を乞うと宿まで案内してくださった。嬉しかったです。彼女はジャイアンツに乗っていました。不覚にも電話番号を聞くのを忘れました。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album