ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Monday 28th November 2011: Christchurch to Methven 90km | main | 尾張多賀大社のしめ飾り >>
2011.12.10 Saturday

ニュージランド自転車紀行

 前期高齢者でニュージランドをおおよそ500キロ走りました。
走る前に新しくした携帯のカメラが素晴らしいので携帯リポートを企画しましたが、携帯はやはり電話機でした。
携帯電話搭載カメラの弱点はズームにあると思います。
普通のカメラでも電子ズームは余り良くない。携帯電話搭載のズームはかなり悪いですね。
携帯のディスプレーで見る分には余り気にならないですがブログの載せるととても見られないですね。ズームしても XVGA 程度の画質は欲しいと思いました。
写真はプロ並みの技術と機材を駆使するT内さんさんのものを利用します。
小さな写真はサムネイルという機能になっていますので、写真をクリックすると大きく表示されます。

Christchurch 国際空港から車で10分程度のところに老夫婦〔私より若い〕の経営する A ‘Portico Gardens Homestay があります。
 A ‘Portico というのは車寄せのついた玄関と言う意味で、明日の写真の背景に車寄せが見えます。

私どもの使用する自転車はこの家の車庫に用意されています。
以前は Indepedent Cycle Tour 社の社長夫妻が自転車のセッティングに来ていましたが、最近は我々が常連になったせいか部品と道具が用意されていて自分で準備します。借りた備品の検査も一切無しですからかなり信頼されています。

私は持参したマウンテン用のSPDを装着し、サドルの調整を行います。他の2人は用意された flat with cages pedals を取り付けました。出来上がった自転車は写真のような感じですね。車種は GT です。


用意されている Ortlieb Rear Pannier Bags, front handlebar bag にサイクリング中の荷物を詰め込み、不要なものは旅行かばんに入れて、ここに預けます。

サイクリングには荷物を車で搬送してくれるガイド付のものと、我々のように自己責任で走る Selfe Guided Tour があります。
ガイドが付けば楽ですが高価です。自分で走れば安いですが全て自己責任ですから、何かあった場合の対処にはメンバーの中にかなり英語が話せる人が必要になります。ガイド付きでも言葉は英語です。
NZ English  は英語(BBC English) に近くて、とても遠いものです。空港や銀行では英語に近い言葉が話されますが、田舎では NZ English ですから羊や牛と話をしているようなものです。米語に慣れている日本人には辛いものがあります。
A ‘Portico Gardens Homestay のホストの言葉はほとんど分からないのでホステスが英英通訳をしてくれますが、これもかなりしんどいですね。

社長宅でコースの説明を受けます。黒いTシャツが Paul 、ブルーのTシャツのご婦人が Kim です。
Queenstown から Christchurch への飛行機もここで予約完了です。

    

コース説明が終わるとおやつです。

   

Paul の家族の住んでいるところは Banks 半島です。この半島は火山によって作られたもので Paul の家が面している、一見フィヨルドみたいな入り江は、実は火口です。



Paul は地図の中ほどにある Lytielton です。地図右下のAkaroa はとても風光明媚なところです。来年はこのあたりだけを走ってみたいと思います。それでは美しい半島をパノラマで紹介します。
参考ですがT内さんの高性能カメラはパノラマが自動的に作られます。




Akaroa はとてもきれいなリゾートです。サムネイルで紹介します。

         

晩御飯は近くのお持ち帰り店で Fish & Chips を買い、お母さんの用意したパンと私が免税店で買った Black Lable double です。 しかし、西洋人は Fish & Chips が好きですね。次から次へテイクアウトを買い求める客が来店します。

  

Eight day Queenstown & Southern Lakes self-guided tour

近年は自分でコース設定をして、宿舎だけを先方に予約していましたが、今回は自分が多忙であることからお仕着せの Eight day Queenstown & Southern Lakes self-guided tour を選びました。

次の表の項目にリンクを張ってあります。ご希望のサイトへジャンプしてください。
 Day 1  Christchurch to Methven 90km
 Day 2  Methven to Geraldine 80 km
 Day 3  Geraldine to Lake Tekapo 90km
 Day 4  Rest day/sightseeing Mt. Cook 遊覧飛行
 Day 5  Lake Tekapo to Omarama 90km
 Day 6  Omarama to Cromwell 110km
 Day 7  Cromwell to Queenstown 70km
 Day 8  To Christchurch via bus or flight. 地震の爪あと 雑記

全体のルートは次に示すとおりです。
このコースは観光用の内地コース (Inland Scenic Route 72) です。大型トレーラーは少なく感じましたが観光バスやキャンピングカーはひっきりなしに走っています。





全行程を走りぬいたわけではないですが、上図のような坂道の多いコースを走りました。標高で0〜1000m 位まで走っています。獲得高度は、勿論車で搬送された区間を除いて GPS データから 4300m になりました。Mt. Cook より高く登ったことになります。
自分の年から考えると来年もチャレンジできる分かりませんが、チャレンジできるよう精進したいですね。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album