ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Kiwi Cycling 2017 Day-5 | main | Kiwi Cycling 2017 Day-3 >>
2016.12.08 Thursday

Kiwi Cycling 2017 Day-4

本日は休日です。

Rest day/sightseeing in Tekapo. A chance to rest the legs if needed.  Public thermal hot pools are a great way to soak away any aches you may have.  If you want to stretch you legs there are a number of pleasant walks in the area.  There is also scenic flights to view Mt Cook and night star gazing is popular.  This is a great opportunity to see the Southern Hemisphere  sky with limited light pollution.

 

 

 ここは湖しかない所です。セカセカとあわただしく動き回る中国人がどうしてここに大挙して来るのか分からないね。

 

 昨夜までは一般家庭のB&Bでしたから、朝はゆったりとしていましたが、ここではホテルに泊まったので朝ごはんが大変。ビュッフェー式の朝ごはんですから、食べ物が大皿で出されるとワーッと人だかりができてあっと言う間に何もかにも無くなってしまう。彼らが食事を終えるのを待つしかない。

 

 右の写真は善き羊飼いの教会 Church of the Good Shepherd です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここでの楽しみは軽飛行機で Mt Cook の上を飛び、そして氷河を見ることです。ところが残念なことに、今日は風が強いので、飛ぶには飛びますがコースがショートカットになります。その分安くなりND$200です。いつもは大人$370.00 - $425.00らしい。

 

 お姉さんがそのことを事務所の外のパネルに書いていましたが、インクが枯れて途中で書くのを止めてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機長は Tom で inbound の仕事で名古屋にしばらくいたらしい。米語を話されるのでホッとしました。

 

 乗客は欧米人が2人と我々の5人でした。

 昔は乗客の体重を計って座る位置を決めていましたが、今は重そうな人から先に乗せます。

 

 Tom は欧米人の2人に、重そうだから先に乗れとはっきり指図していました。我々は後ろの席です。どこに座っても窓際だからいいけど。席は2列しかないです。

 

 次の写真が飛行証明証です。

 

 

 

 

 教会のそばにMTBライダーがたむろしていたので割り込み。

 

 彼らに言われました。よくもそんな細いタイヤで走るな〜。NZの道ではきついだろう。

 確かに言われた通りです。路面がかなりラフで、ホイールの振動が腕にガンガンときまして私の右肩は後半は痛くて大変でした。

 NZの道はまだまだMTBの世界です。

 

 自転車スポーツはインフラに依存する贅沢なスポーツです。それならイタリアの石畳はどうだと言われそうですが、石畳は城壁の中だけで、城壁の外の道は素晴らしい舗装です。インドで仕事をしていた時はスポーツ用自転車なんて見たことが無かったですね。

 

 明日からの残り3日間のために自転車の整備をして室内に置きます。

 

 自転車の整備を始めたら、Yuuminさんがパンクしてると。彼女は国内ではほとんどパンクの経験がないのに、なにか刺さっているかなと調べたならば、バルブのそばに穴が開いていました。よくあるやつです。

 

 バルブの貫通孔に絆創膏など張り付けてその場しのぎ修理を終えて明日からはルンルンです。

 

 本当はルンルンでなくみじめなサイクリングが待っていました。

 

 今日は Qさんと Yuuminさんの誕生日ですのでスパークリングでも開けます。
 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album